ひょうご安全の日公式サイト 震災を風化させない 「忘れない」「伝える」「活かす」「備える」

令和3年度ひょうご安全の日推進事業 助成事業

1.概要

「ひょうご防災減災推進条例」に基づき、阪神・淡路大震災の経験と教訓を発信し、安全・安心な社会づくりを推進するため、地域団体などの県民の皆さんによる、日々の生活の中で防災減災に取り組む「災害文化」を広める事業を支援します。

詳しくは下記のチラシ・手引きをご覧ください。






2.様式


・全県事業・地域事業


・実践活動事業


・自主防災組織強化支援事業


・若者支援事業 


・計画等策定支援専門家派遣事業


・計画変更届出書(計画等策定支援専門家派遣事業以外)


・中止届出書


・受領委任状兼口座指定書


・概算払請求書(若者支援事業)



実績報告書は下記のファイルをダウンロードしてご利用ください。


・全県事業・地域事業


・実践活動事業 実績報告書


・自主防災組織強化支援事業


・若者支援事業


・計画等策定支援専門家派遣事業



ひょうご安全の日推進事業助成制度 実績


実績はこちらから


交付決定を受けた場合、広報用のチラシ・ポスター等を作成する際には、以下のはばタンロゴマークを表示し、「公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構」補助金を財源とする「ひょうご安全の日推進県民会議」の助成を受けて事業を行っていることを明記してください。
(手引きP18参照)



新型コロナウイルス感染症を踏まえた助成事業の取扱い(令和3年3月4日現在)

新型コロナウイルス感染症を踏まえ、交付申請にあたっては、下記のチラシを必ず確認いただき、「新型コロナウイルス感染防止策確認シート」を提出してください。





関連ページ