トップページへ戻る

6周年記念事業一覧

平成13年1月10日現在
事業名 主催者 日時 場所 事業内容
1 アジア防災センター国際専門家会議 実行委員会(アジア防災センター、国土庁、兵庫県) 12.5~7 ひょうご国際プラザ交流ホール(IHDビル) ・防災や災害情報の収集、防災専門家の交流を通して各国の防災に役立てるとともに、阪神・淡路大震災をアジア、そして人類社会の安全と安心に生かすため、復興に向けた様々な取り組みや被災地の体験を当会議より国内外に情報発信していく。
・テーマ別討論会、まとめのセッション
2 ASEM蔵相会合記念講演会 実行委員会(神戸商工会議所、時事通信社、兵庫県、神戸市) 12.5 神戸市産業振興センター 3階ホール ・平成13年1月に開催される第3回ASEM蔵相会合は、阪神・淡路大震災の被災地の復興状況を世界に発信するため、開催地として神戸が選ばれた。そこで、この機会を捉え、震災支援への感謝及び兵庫・神戸の復興状況を広く世界関係各国にアピールするとともに、国際経済問題についての理解を深め、グローバルな視点から兵庫・神戸の経済復興を考える。
・講演会
3 ふれあいコンサート 実行委員会(尼崎商工会議所、㈱フジ・データ・システム、兵庫県阪神県民局、尼崎市) 12.11 アルカイックホール(尼崎市総合文化センター) ・心に響く演奏と歌声を通じて心と文化の復興を支援するとともに、互いに励まし助け合う地域コミュニティの絆をより深めることを目的とする。
・被災地域の混声コーラスグループによる合唱、心の癒しの曲、語りなど。
4 神戸ルミナリエ 組織委員会(兵庫県、神戸市、神戸商工会議所他) 12.12~25 メイン会場:旧外国人居留地及び東遊園地
サテライト会場:JR新神戸駅前
・震災犠牲者の鎮魂と、被災地全体の復興・再生への夢と希望を託し、震災の記憶を未来に語り継ぐ催しとして、また神戸復興のシンボル事業として開催するとともに、神戸の冬の風物詩としての定着を図り、県外からの集客により被災地の第3次産業の復興に役立てる。
5 震災6周年復興支援
「心に歌声を 2001ニューイヤーコンサート」
実行委員会(阪神・淡路震災復興支援10年委員会、兵庫県) 1.5 神戸新聞松方ホール(神戸情報文化ビル4F) ・阪神・淡路大震災6周年に際し、音楽を通じて、多くの犠牲者を追悼し、被災者が震災の悲しみや復興に向かう喜びを分かち合うとともに、被災地の文化復興を支援する。
・オーケストラによるコンサート
6 防災を考える地域のつどい 実行委員会(神戸市、神戸市内防災福祉コミュニティ他) 1.6~1.31 神戸市内各区(小・中学校、公園等) ・震災の犠牲者に追悼の意を表するとともに、震災当時の体験を振り返ることにより、市民相互の助け合いや自主的な防災への取り組みの大切さを再確認し合う。
・各区ごとに地域住民のつどいを開催する。
7 北淡活断層シンポジウム2001
~21世紀活断層研究の飛躍のために~
実行委員会(野島断層活用委員会、北淡町、北淡町教育委員会、活断層研究会他) 1.6~8 北淡町震災記念公園セミナーハウス ・21世紀を迎えるにあたり、阪神・淡路大震災の原因となった野島断層の保存されている北淡町で今までの研究から何がわかったのか、西日本は本当に活動期に入ったのか、活断層の研究成果の社会への還元などを検証する。
・講演会、セッション(研究発表、討議等)
8 第6回KOBE国際学生音楽コンクール 実行委員会(個人で構成) 1.6~7 神戸文化ホール
神戸市産業振興センターホール
・国際都市・神戸をはじめとする被災地の復興を支援するとともに、音楽を通して大きな可能性を持った青少年の育成と、感性を磨き育むために開催する。
・クラシック音楽コンクール
9 震災6周年記念事業リレー展 実行委員会(阪神・淡路大震災復興支援館、兵庫県、阪神・淡路大震災記念協会、神戸21世紀・復興記念事業事務局) 1.6~2.21 阪神・淡路大震災復興支援館(フェニックスプラザ) ・各6周年記念事業と連携し、その内容をリレー形式で紹介することにより、被災者をはじめ広く県内外にPRし、震災の経験や教訓を風化させることなく後世に伝えていく。
・主な周年記念事業をパネル等で広く一般にPRする。
10 ニューイヤーコンサート2001 実行委員会(神戸元町ライオンズクラブ、神戸フィルハーモニック、神戸市、神戸市民文化振興財団) 1.7 神戸文化ホール・大ホール ・震災を忘れず記憶にとどめ、かつ音楽を通じて被災者、市民に心のふれあいと安らぎの場を提供し、心の復興を支援するとともに、青少年の健全育成の振興を図ることを目的に開催する。
・クラシック音楽演奏会
11 天までとどけ!-大正琴と歌おう- 神戸大正琴ソサイアティ(KTS) 1.7 阪神・淡路大震災復興支援館(フェニックスプラザ2F) ・震災の犠牲者への追悼と記憶を風化させないために、また、被災者の心を癒し(音楽療法の手法を用いる)、勇気づけ、交流を深めるために開催する。
・聴衆参加型の大正琴コンサート
12 震災復興6周年
西宮邦楽コンサート
実行委員会(西宮市教育委員会、西宮市文化振興財団、西宮三曲協会) 1.8 西宮市立フレンテホール ・震災6周年にあたり、震災の記憶を新たにするとともに、被災者に明日への希望をもっていただくために開催する。
・日本の伝統文化である邦楽の演奏
13 小林正典 震災写真展・図書館所蔵震災資料展 実行委員会(神戸市立中央図書館長他) 1.10~28 神戸市立中央図書館 ・国際的なフォト・ジャーナリストである小林正典氏が震災直後から撮り続けた写真を展示するとともに、中央図書館に所蔵する震災関連資料も紹介する。
14 災害広域応援シンポジウム 実行委員会(尼崎市消防団、(株)エフエムあまがさき、尼崎市防火協会、尼崎市) 1.11 尼崎市総合文化センター・未にホール ・阪神・淡路大震災から7年目を迎える中、災害の恐ろしさを風化させないため、日々尽力されている関係者に参集いただき、取り組み状況等を広く伝えていく。
・基調講演、パネルディスカッション、ピアノ演奏
15 街の復興カルテ研究発表会 (財)阪神・淡路大震災記念協会 1.12 阪神・淡路大震災復興支援館(フェニックスプラザ) ・被災地の復興状況を把握し、復興へ向けての新たな課題を発見するとともに、復興過程の貴重な記録となる「街の復興カルテ」の内容と、震災から6年の月日が経つ被災地の現状を広く知っていただき、同時にさらなる研究、議論の発展を期すべく開催する。
・研究発表
16 震災復興 市民検証フォーラム 実行委員会(市民社会研究所、市民活動センター・神戸、神戸市他) (1)1.13
(2)2.24
(1)神戸市勤労会館
(2)
・震災後6年間の市民団体の活動の検証によって見えてきた、市民や市民団体にできること、すべきことを議論・提案し、共有することによって、震災の経験をこれからの市民社会の創造に活かす。
・(1)基調講演、検証結果の報告
(2)アクションプラン最終案の報告
17 第2回1.17EARTH展 ㈱世界文藝社 1.13~1.16 神戸朝日ホールクォーター59 ・芸術における復興を主なテーマとして、文化の交流、心のケア、震災及び防災に関する意識の高揚等にも資する。
・全国の芸術家約200名及び兵庫縁の芸術家の作品展示、震災当時の写真展示及び映像の放映、被災児童の絵画展示等。
18 こうべi(あい)ウォーク 実行委員会(神戸復興塾、しみん基金KOBE、神戸市) 1.14 スタート:鷹取・大国公園
ゴール:中央区・東遊園地
・被災地を歩くことにより、復興の現状を人々に直に見てもらうとともに、コースにあたる地域のまちづくり協議会や商店会、ボランティアグループ等との交流を通じて復興の現状とまちづくり、防災の教訓を学ぶ機会とする。また地元団体との連携を深め、地域コミュニティの形成を図る。
19 がんばれこうべっこ元気アップコンサート 神戸市社会福祉協議会、神戸市総合児童センター 1.14 神戸市総合児童センター(こべっこランド7階ホール) ・神戸の子どもたちの震災からの立ち直り支援を目的として開催する。
・家族ぐるみで楽しめる、子ども参加型の音楽コンサート
20 阪神NPOサミット2001 実行委員会(日本災害救援ボランティアネットワーク、NPOシンフォニー、宝塚NPOセンター、宝塚市他) 1.14 宝塚市文化施設ソリオホール及び会議室 ・テーマ「つなごうNPOの輪」
・阪神間に活動の拠点を置くNPO法人格取得団体間の交流を行い、また、相互理解・協力のためのネットワークづくりを目的として開催する。
・基調講演、ワークショップ、各団体の活動紹介コーナー等
21 東浦町復興支援ライブ 実行委員会(東浦町、東浦町教育委員会、サンシャインホール創造委員会) 1.14 サンシャインホール ・芸術、文化面から、被災者のこころの復興を支援するとともに、地域住民の交流、絆を深める。
・講演(伍芳さんの震災復興活動体験談)、中国古箏によるコンサート
22 「1.17希望の灯り」分灯事業 実行委員会(震災モニュメントマップ作成委員会、神戸市他) 1.15~17 被災地10市10町 ・震災の体験から再確認された「やさしさと思いやり」を語り継ぎ、加えて新しい形の防災コミュニティ及びネットワークづくりを目的とする。
・「1.17希望の灯り」を被災地10市10町に建立された震災モニュメントに分配するとともに、各地域で広範囲なネットワークづくりを目指した交流会を開催する。
23 阪神・淡路大震災防災パネル展 尼崎市防災普及協会 1.15~23
(20,21休館)
尼崎市防災センター
尼崎市北部防災センター
・震災の体験、教訓の継承と、市民自らが地域防災の重要性を認識することにより、安心して暮らせる地域社会の形成を目指す。
・震災の被害状況写真パネル、防災用品、地震関連図書の展示等
24 ~震災6年 芦屋・あすに向かって~
「ウィーン・リング・アンサンブル ニューイヤーコンサート」
実行委員会(芦屋市、芦屋市教育委員会、芦屋市文化振興財団) 1.15 芦屋ルナ・ホール ・震災7年目に向け、震災を体験した市民がともに集い、コンサートを通じて犠牲者への鎮魂の念と明日に向かってさらなる希望と勇気を持って前に進むために開催する。
・9人のウィーン・フィルのトップメンバーによるコンサート
25 震災6周年教育復興の集い 兵庫県教育委員会 1.16 県民小劇場、兵庫県私学会館、県立のじぎく会館、県立中央労働センター ・震災から6周年を迎え、学校における新たな防災教育の効果的な指導方法、地域と連携した防災体制の在り方や被災児童生徒の心のケア等について協議や実践交流を行い、本県における新たな防災教育の一層の推進を図るとともに、創造的復興の成果を全国に発信し、各都道府県等における防災教育の推進に役立てる。
・全体会(基調講演、朗読会)、分科会(実践発表及び研究協議)
26 市民のつどい1.17 実行委員会(神戸市、神戸・市民交流会他) 1.16~18 東遊園地等 ・震災から培われてきた人々のやさしさ、つながりを風化させることなく、世代や場所を越え、多くの人々に伝える。”灯り”を灯すことにより、1月17日を様々な想いを共有する日とする。また、市民、ボランティア・NPO等の交流の場とする。
27 阪神・淡路大震災メモリアルコンサート 実行委員会(兵庫県、兵庫県芸術文化協会、神戸市民文化振興財団) 1.17 兵庫県公館 ・阪神・淡路大震災を記憶にとどめ、犠牲者に追悼の意を表し、復興に向けての希望の灯火とするとともに、21世紀の幕開けにふさわしい復興の元気の素となる夢のあるコンサートとする。
・クラシックコンサート
28 震災6周年記念 2002年へのキックオフフェスタ 実行委員会(兵庫県サッカー協会、神戸市サッカー協会、神戸市、兵庫県他) (1)1.17チャリティマッチ
1.17
(2)JAPAN-KOREA“Dance Live in KOBE”
1.21
(1)神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
(2)神戸ファッションマート(六甲アイランド)
・震災時にめざましい活躍をした幅広いボランティア活動を一層発展させるため、ボランディア団体、NPO、市民等が協働してイベントの運営に参画するとともに、スポーツへの参加により交流と連帯感を深める。また、震災により傷ついた市民、とりわけ子どもたちの心の復興を支援するため、一般参加型の楽しいイベントを実施する。
・(1)1.17チャリティマッチ(2)日韓両国のダンスグループによるライブ
29 震災6周年コンサート~レクイエムの夕べ~ 実行委員会(神戸市演奏協会、神戸市) 1.17 神戸文化ホール中ホール ・震災復興を願ってコンサートを開催するとともに、被災者、市民に心の安らぎを与え、復興へのきっかけとしてもらう。
・コンサート
30 灘福祉社会セミナー
(神戸21世紀・復興記念事業)
実行委員会(灘区役所、灘区社会福祉協議会、灘地区青少年問題協議会、コープこうべ) 1.17 灘区民ホール(マリーホール) ・震災からの復興の過程で、地域コミュニティの重要性が再認識された。そこで、21世紀の地域コミュニティを担う子どもたちに、未来の自分像、自分の住む地域について考えてもらう。また、大人たちには、子どもたちを地域社会でどのように支えていくかを考えてもらうきっかけとする。
・講演会、パネルディスカッション
31 ひょうご・元気アップふれあいの集い 実行委員会(兵庫区役所他) 1.17 神戸アートビレッジセンター ・兵庫区の復興と21世紀を迎え、さらなる発展と区民の元気アップを促すコンサートを開催する。
・コンサート
32 1.17KOBEに灯りを in ながた 実行委員会(FMわいわい、長田ボランティアセンター、長田区役所他) 1.17 新長田駅前広場 ・震災の犠牲者への追悼及び復興への願いを込めて「灯り」にそれぞれの思いを委ね、長田から全国へ向けて阪神・淡路大震災の記憶を風化させないよう発信していく。
33 長田区民震災復興記念事業 実行委員会(長田区民まちづくり会議、長田区役所) 1.17,20 ピフレホール他 ・震災の犠牲者に追悼の意を表するとともに、21世紀を迎え、震災の悲しみや教訓を風化させることなく、さらなる復興を祈念し、多くの市民が参加できる事業を開催して、精神面での支援と市民生活の再建に資することを目的とする。
・鎮魂、復興オープニングコンサート等
34 須磨区震災復興記念事業「21世紀・はばたけ須磨 力強く」 実行委員会(須磨区区民まちづくり会議、須磨区役所他) 1.17 市立北須磨文化センター、松尾下公園、区内21小学校校庭 ・震災を風化させることなく、その教訓を安全・安心に生かすため、区内コミュニティの代表者を対象とした講演会等を開催する。
・講演会、及び小学生等の復興、21世紀に向けたメッセージを風船に託し、全国に発信する。
35 KOBE2001届け!希望の灯り全国へ 実行委員会(神戸21世紀・復興記念事業推進協議会、神戸・市民交流会、神戸市) 1.17スタート 全国47都道府県 ・市民公募のランナーが「希望の灯り」とともに全国各地を訪れ、神戸の復興、震災支援への感謝のメッセージを伝えるとともに、各地の支援団体やボランティアとの交流を通して神戸の元気さを発信、ネットワークを広げる。
36 新しいはじまりのシンフォニー
~KOBE2001 ひと・まち・みらい グランドオープニングイベント~
実行委員会(神戸商工会議所、神戸市社会福祉協議会、神戸青年会議所、神戸市他) 1.17 メリケンパーク特設会場 ・震災支援への感謝や神戸の復興、元気さを全国、世界各地に発信するとともに、震災体験を21世紀に語り継ぐ機会とする。
・国内外に向けた感謝メッセージ等の発信、全国の応援ゲストのメッセージ、ステージイベント等
37 兵庫県南部地震6周年行事 明石市、明石市教育委員会、明石市ボランティア連絡会、明石市女性団体協議会、明石市ウォーキング協会 1.17 大蔵海岸公園 震災モニュメント前他 ・「震災犠牲者の慰霊」、「教訓の伝承」、「復興の推進」について広く市民の皆様と考え、防災を再認識するとともに教訓を次世代へ伝える。
・メモリアルウォーク、献花・記帳、希望の花配付、天文科学館無料開放等
38 ひこばえコンサートと植樹祭 実行委員会(女たちの阪神大震災を考える会、宝塚市) 1.17 宝塚市立女性センター、市内公園 ・震災6周年を迎える中、まだまだ心に後遺症をもつ人が多い。そこで、震災を経験した人に、「ここではまだ震災について話をしてもいいんだ」という場を提供する。
・メモリアル植樹、コンサート&トーク
39 かんしん復興記念コンサート
~6回目の1・17のために~
実行委員会(関西西宮信用金庫他) 1.17 かんしんホール(関西西宮信用金庫本店8F) ・人々の心の癒しと、神戸の文化的復興を支援する。
・「希望」、「夢」をテーマとして公募した詩に、オリジナルのピアノ曲を作曲し、記念コンサートにおいて詩の朗読とともに発表する。
40 鎮魂と再生のために
「長尾和と25人の詩人たち」詩画展
吉岡成郎「阪神大震災前の東灘風景」展
コープこうべ生活文化センター 1.17~31 コープこうべ生活文化センター ・震災前の風景と、震災直後に描かれた絵画、詩を展示し、失われたものの大切さを思い、いつまでも心の中に記憶するため、また鎮魂、再生への祈りを込めて開催する。
・震災直後に描かれた神戸市東灘区~長田区の水彩画25点、詩25篇、震災前の東灘区を描いた水彩画35点の展示等
41 震災対策技術展2001 実行委員会(神戸国際観光コンベンション協会、神戸市防災安全公社、神戸市他) 1.18~19 神戸国際展示場 ・震災の経験や教訓、最新の災害対策技術等を国内外に情報発信し、震災対策のより一層の充実を図る。
・震災対策技術・学術・団体による展示、シンポジウム・セミナー・講演会・講習会の開催
42 ~すべてのやさしさに感謝して~
写真家・立木義浩が出逢った「KOBE・ひと」
実行委員会(神戸国際観光コンベンション協会、神戸新聞社、神戸市他) 1.18~30 大丸ミュージアム神戸 ・震災の体験、復興に向けた様々な取り組みなどを、今がんばっている「ひと」を通して表現し、震災体験を21世紀に語り継ぐ機会とする。
・「あの日から・・」をテーマに、写真家・立木義浩氏が撮影した震災体験を伝える写真作品を展示。
43 地域防災シンポジウム in 神戸 実行委員会(NHK、NTT西日本、大阪ガス、関西電力、神戸新聞社、ラジオ関西、日赤、神戸市) 1.19 神戸国際展示場 ・震災で得た様々な経験・教訓を次世代に引き継ぐとともに、最新の防災情報を全国に発信することにより地域の防災力向上と防災対策の推進に寄与することを目的とする。
・基調講演、事例報告、パネルディスカッション
44 JAPAN;NPO・NGOボランティアサミット in 神戸 2001年ボランティア国際年実行委員会、連合本部、連合兵庫 1.19~20 神戸メリケンパーク・オリエンタルホテル ・2001年は「国際ボランティア年」である。そこで「ボランティア元年」といわれた阪神・淡路大震災時を契機として社会貢献活動の新たな飛躍をみせる、わが国のNPO・NGOによる多様な地域社会活動を世界に発信するため、「2001年ボランティア国際年」のアクションプログラムの一つとして開催する。
・記念講演、シンポジウム、交流会等
45 総合フォーラム ひょうごボランティア国際年記念フオーラム 経済企画庁、兵庫県 第1部
1.20
第2部
1.21
第1部
兵庫県公館
第2部
神戸ハーバーランド周辺
・国連総会決議に基づく2001年の「ボランティア国際年」に際して、21世紀の成熟社会の主要な担い手となるボランタリーセクターの役割やあり方、その形成支援に向けた取り組み等を全国に発信するとともに、ボランティア団体をはじめとする各種団体相互の理解を深め、併せて県民との交流を図る。
・第1部 シンポジウム(基調講演、パネルディスカッション)/第2部 ボランティア・スクエア2001(パネルディスカッション、フリーマーケット等)
46 メモリアルコンファレンス イン 神戸Ⅵ 組織委員会(土木学会、日本建築学会、日本地震学会、日本都市計画学会、兵庫県、神戸市他) 1.20 神戸海洋博物館大ホール ・阪神・淡路大震災をキーワードに一般市民、被災者、ボランティア、NGO、行政、研究者等が分野を越えて一堂に集い、学術的成果と災害から学んだことを話し合い、共有化し、補いあって教訓を21世紀と世界に発信し、安全安心で心豊かな社会づくりをめざす。
・ボランティア体験-入賞者発表会、シンポジウム、オーケストラ演奏、対談
47 元気アップ東灘市民放水大会 実行委員会(東灘区内防災福祉コミュニティ、東灘区役所他) 1.21 住吉川河川公園(神戸市東灘区西岡本7丁目) ・震災の犠牲者に追悼の意を表するとともに、復興に向けての元気アップ、地域の活性化、相互のコミュニケーションを図る。
・地域住民による安全宣言、防災訓練、コミュニケーション行事等
48 たるみ防災のつどい  実行委員会(元気アップ神戸垂水区推進協議会、垂水消防署、垂水区役所) 1.21 市立神陵台中学校 ・震災の教訓をもとに誕生した「防災福祉コミュニティ」の活動をより一層発展させるとともに、住民の防災意識を高め、安全・安心なまちづくりを目指す。
・防災訓練、防災競技大会、和太鼓と消防音楽隊の演奏等
49 かがやきコンサート 実行委員会(神戸市消防局、がんばろう!!神戸、神戸市吹奏楽連盟他) 1.21 神戸文化ホール中ホール ・被災者及び神戸市民を対象にしたコンサートを通じて、命の尊さ・心の豊かさ・防災の大切さをアピールし、未来に希望をふくらませる。
・消防音楽隊やハンドベル、琴の演奏、サンバ、歌唱
50 21世紀復興記念もちつき大会 実行委員会(西区連合婦人会、西消防団、西区役所他) 1.21 西神中央駅東プレンティアトリウムコート ・震災を体験し、また仮設住宅への支援活動を行った西区民に、21世紀を迎え、その経験を風化させることなく語り継ぐとともに、元気を回復していただくために開催する。さらに神戸の震災復興に向けて頑張れるよう勇気づけを行う。
・西区民によるもちつき大会
51 メモリアル&アニバーサリィ・コンサート in VEGA 「Believe in Future」 実行委員会(宝塚市、宝塚市文化振興財団、宝塚合唱連盟、宝塚市交響楽団、宝塚演奏家連盟他) 1.21 宝塚市立文化施設ベガ・ホール ・震災6周年にあたり、宝塚市の音楽関係団体が一堂に会し、震災の犠牲者への鎮魂と、震災を改めて心に刻み、復興に向けた思いを新たにするとともに、21世紀を迎えての新しい文化の創造を目指す契機として開催する。
・クラシックコンサート
52 新世紀安全・安心まちづくりフェア 実行委員会(川西市、川西市防火安全協会) 1.21 アステ川西6階アステホール ・大震災から学んだ多くの教訓を風化させることなく、もう一度「安全で安心なまち」とは何かを考え、この事業を通じて住民みんなで取り組むための気運を高める。
・基調講演、ふれあいコンサート、震災関連パネル展示
53 西宮コープ福祉・ボランティア大会 「みんなで創ろうハートフルな街・西宮」 コープこうべ、西宮コープ福祉・ボランティアセンター 1.21 西宮北口コープセンター
(西宮市甲風園1丁目8-1)
・阪神・淡路大震災をきっかけに広がったボランティア活動。震災6周年を迎え、さらに住民参加型のボランティア活動の可能性が求められている。そこで、行政や地域の諸団体とのネットワークを図りながら地域に根ざした活動を進めるため、「助け合う街づくり」の提案をする。
・ふれあい広場(ボランティアグループ展示等)、講演会他
54 ~鎮魂と再生のために~
震災メモリアルコンサート
「21世紀へ伝えたい あなたの心に響く歌」
コープこうべ 文化・広報部 1.21 コープこうべ生活文化センター2階ホール ・「震災の体験を風化させてしまわないために、また神戸の街が、そして人々の心が一年一年元気になっていくように」との願いを込めて開催する。
・21世紀へ残したい名曲の数々を広く演奏するクラシックコンサート
55 平成12年度自主防災活動推進大会 兵庫県 1.27 明石市立市民会館中ホール ・自主防災組織の育成については、自主防災に対する県民意識の醸成を図ることが重要であることから、優良自主防災組織の知事表彰や講演、実践事例発表等を通じて広く県民に自主防災思想の普及啓発を図り、自主防災組織の育成の推進に寄与する。
・表彰、基調講演、パネルディスカッション
56 いきいき下町シンポジウムとまちづくり展“21世紀のまちづくり~まちなか居住の魅力を探る~” 実行委員会(兵庫県建築士会、神戸市他) 1.27,28 アスタ・イベントホール
(長田区久保町6丁目)
・これまでの下町復興の取り組みを検証するとともに、生活のしやすさや地域とのつながり等、様々な観点から地域の個性を活かした「まちなか居住」の魅力を探す。
・シンポジウム、まちづくり展
57 酒蔵コンサート 実行委員会(東灘区役所、酒を生かすまちづくり懇談会、東灘復興記念事業委員会) 1.27 泉勇之介商店
木造酒蔵
・震災より復興の進む酒蔵においてコンサートを開催することにより、「酒のまち」として復興している状況を広くアピールし、地場産業でもある酒造業の振興及び地域の活性化に資する。
58 灘区子どものつどい 実行委員会(灘区役所、灘区子供会連合会、灘区青少年問題協議会他) 1.28 (1)動物園ホール
(2)王子公園陸上競技場
・震災を経験した子どもたちの心身のリフレッシュと、子どもたち同志の交流を深める機会とする。
・(1)凧作り教室、(2)凧上げコンテスト
59 地震にまけない世界へ向けて 21世紀国際ワークショップ 実行委員会(国際連合地域開発センター防災計画兵庫事務所、RADIUS日本チーム、GeoHazards
International、兵庫県、神戸市、読売新聞大阪本社)
1.29~31 神戸国際会議場 ・人口急増により、地震による人的被害の危険性が高まりつつある開発途上国の大都市より自治体の防災担当者、防災専門家を招き、各都市の防災力の現状について包括的に議論するとともに、今後の定期的な防災情報交換の場の創設に向けたネットワークを構築する。
・ワークショップ、セッション、シンポジウム
60 第1回世界震災復興ドキュメンタリー映像祭 実行委員会 長田区
1.29~2.2
兵庫区
2.9~2.13
灘区
2.16~2.20
長田区
新長田アスタホール
兵庫区
新開地まちづくりスクエア多目的ホール
灘区
動物園ホール
・概ねこの100年間に発生した国内外の震災における復興の様子やまちづくり等の映像を見ることで、震災を体験した私達が、今後起こりうる様々な災害への対応に向けて何を伝えられるのか、何を残せるのかを、もう一度ともに考える機会としたい。
・近年発生した阪神・淡路大震災やトルコ、台湾大地震のほか、サンフランシスコ大地震(1906年)、関東大震災(1923年)、福井、新潟、南海地震等の映像の上映会。震災復興等について参加者と専門家等がオープンに語り合うフォーラム、写真パネル展示(予定)など。
61 ワークシェアリング国際シンポジウム 連合兵庫、兵庫県経営者協会、兵庫県 1.30 兵庫県公館 ・中央及び各都道府県の労使、行政機関の幹部が参加する国際シンポジウムを開催することにより、兵庫型ワークシェアリングを広く全国に発信するとともに、ワークシェアリング導入に向けて労使、行政がそれぞれ担うべき役割について検討・提言する。
・基調講演、プレゼンテーション、パネルディスカッション
62 第1回芦屋芸術祭
「癒しと感動をもとめて!」
実行委員会(NPO法人芦屋芸術村、芦屋市文化振興財団、芦屋市他) 2.3 芦屋ルナ・ホール及び周辺 ・「衣食住」の復興に加えて「真の心の復興」に向け、「癒しと感動を求めて」「気軽に誰もが楽しめる芸術文化」をコンセプトに、プロ、アマ、観衆が一堂に集まって「国際文化住宅都市・芦屋」にふさわしい「芸術祭」を開催する。
・各種ステージ公演、基調講演、ホール周辺イベント(美術工芸品等展示、物産市等)
63 震災6周年記念事業
伊丹市「能と狂言を楽しむ会」
実行委員会(伊丹謡曲団体連合会、伊丹市) 2.3 伊丹市立文化会館「いたみホール」 ・テーマ「文化からの震災復興」
・伝統文化である「能と狂言」を上演することにより、文化、心の復興と21世紀に向けた地域文化の振興を図る。
64 震災復興6周年 新春邦楽コンサート
(震災遺児奨学金義援チャリティー)
実行委員会(芦屋市、芦屋市文化振興財団、芦屋三曲協会) 2.4 芦屋ルナ・ホール ・震災で受けた心の傷の回復と、犠牲者への追悼、さらに復興への祈りを込め、日本の伝統文化のひとつである邦楽の演奏を通じ、市民との交流の輪を広げる。
・箏、尺八、三絃等による邦楽演奏
65 総合フォーラム 世界防災会議2001 実行委員会(国土庁、兵庫県、アジア防災センター) 2.5,6 淡路夢舞台国際会議場 ・震災から6周年を迎えるにあたり、国際防災機関が連携・協力し、震災の教訓などを基に、国際防災協力等についての情報交換や今後のあり方を議論する国際会議を被災地で開催することにより、国際防災体制を一層強化し、自然災害による被害の軽減に資する。
・基調講演、ケーススタディ、パネルディスカッション、共同宣言
66 『作家たちの大震災』メディアコンプレックス・プロジェクト 実行委員会(兵庫県他) (1)講演
2.13
(2)展示
2.1~21
(1)兵庫県公館
(2)阪神・淡路大震災復興支援館(フェニックスプラザ)※シンポジウム当日は兵庫県公館
・21世紀の幕開け、震災6周年にあたり、あらためてあの大震災を振り返り、現在を見つめ、被災地の未来について震災を体験した作家たち自身に語っていただくことにより、次世代へのメッセージとするとともに、文化復興に資する。
・講演、展示、ビデオ作成と上映
67 総合フォーラム
21世紀日本の構想シンポジウム in HYOGO
阪神・淡路大震災記念協会 2.16 兵庫県公館 ・小渕恵三前首相の委嘱による「21世紀日本の構想」懇談会の主なメンバーにより、震災の教訓、復興の過程で芽生えた新たな地域社会づくりの動きなども手がかりに、我が国が目指すべき21世紀の文明の展望について議論を深め、その成果を被災地から世界に情報発信する。
・基調講演、パネルディスカッション
68 心の復興・あじさいコンサート 実行委員会(みなと銀行文化振興財団、神戸市教育委員会他) 2.18 神戸文化ホール大ホール ・市民の「心の復興」に役立てるとともに、市民文化の振興を図る。
・全国的に高く評価されている神戸、阪神間の学校や地域団体による合唱、合奏を市民に広く披露する。
69 東灘区地域ケアネットワーク交流集会 実行委員会(東灘区役所、東灘復興記念事業委員会、東灘区社会福祉協議会) 2.18 コープこうべ生活文化センター ・高齢者など援護を必要とする市民が、地域において安心して生活し続けられるよう地域ケアを推進するため、ボランティアをはじめとする保健、福祉、医療の関係機関、団体の連携強化と相互の交流を図る。
・基調講演、グループ討議等
70 しろんと綱引き大会 実行委員会(中大沢自治会、大沢町体育協会) 2.25 市立大沢中学校体育館(神戸市北区大沢町) ・被災地域を含め広域的に「素人による綱引き大会」への参加を呼びかけ、参加地域をはじめとする地域コミュニティの育成に資する。
(合 計 70事業)
(注)都合により、事業名称、内容等に変更が生じる場合があります。