トップページへ戻る

4周年記念事業一覧

事業名 主催者 日時 場所 事業内容
神戸大学都市安全研究センター研究成果報告会 神戸大学都市安全研究センター 12.8
9.30~
神戸市産業振興センター ・阪神・淡路大震災を契機として、安全 かつ快適な都市の理念を構築し、それを実現する手法、システムについての総合的な教育研究を行うことを目的として設置された神戸大学都市安全研究センターのこれまでの研究成果を広く社会に公表するとともに、同センターの研究活動の更なる発展、推進に資する。
・研究報告
神戸ルミナリエ
テーマ「光の星空」
イタリア語 FIRMAMENTO DI LUCE
実行委員会(兵庫県、神戸市、神戸商工会議所、兵庫県観光連盟、神戸国際観光協会、阪神・淡路産業復興推進機構他) 12.11
~ 25
メイン会場
旧外国人居留地及び東遊園地
サテライト会場
JR新神戸駅前
・震災犠牲者の鎮魂と、被災地全体の復興・再生への夢と希望を託し、震災の記憶を未来に語り継ぐ催しとして、また神戸復興のシンボル事業として開催するとともに、神戸の冬の風物詩としての定着を図り、県外からの集客により被災地の第3次産業の復興に役立てる。
酒蔵コンサート 酒を生かすまちづくり懇談会、神戸酒心館 12.12
16:00~
神戸酒心館 ・震災以降、復興のなった酒蔵ホールでコンサートを開催することにより、復興へと立ち上がる「酒のまち」を広くアピールする。
・頌栄短期大学ハンドベルクワイヤーと神戸市混声合唱団による演奏。休憩中、灘の酒を楽しんでいただく利き酒会を実施する。
総合フォーラム
21世紀のまちづくり総合県民フォーラム
兵庫県 12.19
13:30~
兵庫県公館 ・三田国際会議の成果を踏まえつつ、まちづくりに関する理念や方向性等について、幅広い県民の議論の機会を設けるとともに、学識者等からの助言・提言を聴くことにより、住民参加の手法や住民等と行政が共有できる仕組みの構築を念頭においた21世紀に向けた新たなまちづくり政策の展開に反映させる。
・基調講演、討議、まとめ
迎賓館壁画「絵画」・「音楽」展示(収蔵作品展Ⅳ) 神戸市、神戸市立小磯記念美術館 12.19~2.21
休館日:毎月曜日と12.28~1.4
神戸市立小磯記念美術館 ・震災復興に資するため、総理府迎賓館の壁画、小磯良平の傑作である「絵画」と「音楽」を国から特別に借り受け、市民に展覧する。併せて、芸術・文化の振興を図る。
・震災復興に寄与することを目的として、総理府迎賓館の好意により、約25年ぶりに展覧会場で公開されることとなる小磯良平の大作を展示する。
震災4周年復興支援
「心に歌声を’99 ニュ ーイヤーコンサート」
実行委員会(阪神・淡路震災復興支援10年委員会、21世紀ひょうご創造協会、兵庫県) 1.5
18:00~
神戸新聞松方ホール ・音楽を通じて、多くの犠牲者に追悼の 意を表するとともに、被災された方々が一日も早く本来の暮らしに戻られるよう励まし、この震災を記憶にとどめるため開催する。併せて被災地の文化復興を支援する。
・オーケストラ演奏、オペラ歌手の独唱、ソリストの演奏 など
「忘れない、あのときを」展
-1.17大震災からのメッセージ-
阪神・淡路大震災復興支援館
阪神・淡路大震災記念協会
1.8~ 31 阪神・淡路大震災復興支援館 ・阪神・淡路大震災の記憶や教訓を継承するとともに、復興への気運を盛り上げるため、震災4周年記念事業の紹介や、震災復興関連資料等の展示、当協会が行う震災の教訓を踏まえた人類の安全と共生に係る総合的な調査研究の概要等の紹介を行う。また、震災関連資料の収集を広く呼びかける。
・パネル展示、リーフレットの配布等
天までとどけ!
-大正琴と歌おう-
神戸大正琴ソサイアティ 1.9
13:30~
阪神・淡路大震災復興支援館 ・阪神・淡路大震災で亡くなられた方々への鎮魂と、残された人々への勇気づけのために「大正琴と歌のコンサート」を行う。
・コンサート(想い出の曲演奏、みんなで歌おう)
KOBE国際学生音楽コンクール 実行委員会(個人で構成) 1.9~10 神戸文化ホール
兵庫県民小劇場
・国際都市・神戸をはじめとする被災地の復興を支援するとともに、音楽を通して大きな可能性を持った青少年の育成と感性をさらに磨き育む登竜門として実施する。テクニックのみにとどまらず、豊かな可能性を秘めたユニークな個性の発掘を目指す。
・クラシック音楽コンクール
阪神・淡路大震災復興4周年
新春邦楽コンサート
実行委員会(芦屋市教育委員会、邦楽教育を推進する会、芦屋市文化振興財団) 1.10
14:00~
芦屋市民会館ルナ・ホール ・邦楽演奏により、震災で亡くなられた方々への追悼と、震災による被災者の心の傷の回復に寄与する。
・世界的に活躍しているプロも交えた、 邦楽演奏家による邦楽鑑賞会。邦楽の各ジャンルの親しみやすい曲、未来へ向けて希望の持てる曲等、全9曲を演奏。 
震災復興シンポジウム 実行委員会(宝塚市、宝塚市教育委員会、宝塚市社会福祉協議会、宝塚NPOセンター、市内ボランティアグループ他) 1.10
13:00~
宝塚市総合福祉センター ・「ありがとう!人のぬくもり地域と共に」をテーマに、いま一度あの日を振り返り、安全に安心して共に暮らせる社会をめざして、市民、地域企業、行政が一緒になって企画した鎮魂の集いと復興シンポジウムを行う。
・シンポジウム、ワークショップ等  
街の復興カルテ研究発表会 阪神・淡路大震災記念協会
21世紀ひようご創造協会
1.11
13:00~
阪神・淡路大震災復興支援館 ・被災地の復興状況を把握し、復興へ向けての新たな課題を発見するとともに、復興過程の貴重な記録となる「街の復興カルテ」の内容と、震災から4年の月日が経つ被災地の現状を広く知っていただき、同時にさらなる研究、議論の発展を期すべく開催する。
・研究発表
阪神・淡路大震災4周年パネル展
「写真でつづる復興の足跡
元気アップ神戸垂水区推進協議会、垂水区社会福祉協議会、神戸市垂水区役所 1.12~ 21 レバンテ垂水2番館 ・被災時から現在までの復旧・復興活動の写真パネルの展示を通して、震災の教訓や悲しみを風化させないように努めるとともに、命の尊さ、ボランティアの大切さをアピールする。
第6回日米都市防災会議 地域安全学会(ISSS)日本
地震工学研究協会(EERI)米国
1.12~ 14 神戸国際会議場 ・都市地震防災の先進国である、日本と米国の防災実務者と研究者が集まり、都市の地震防災性向上に関する両国の現状と今後の課題について共通認識をつくり、より安全な都市づくりの方途を議論する。都市地震防災に関する総合的な情報交換の場として、各研究分野における専門家、行政・民間の実務者、ボランティア団体関係者などが参加し、幅広い領域の討論を行う予定。
・基調講演、パネルディスカッション、分科会(WORK GROUP)等
震災関連資料展 西宮市立中央図書館 1.12~24
10:00~
(15・18日除く)
西宮市立中央図書館 ・阪神・淡路大震災の悲しみや教訓を風化させることのないよう、震災関連図書約800冊の展示を行う。
・阪神・淡路大震災関連図書(成人、児童向共)約800冊の展示
震災対策技術展 ’99 神戸国際交流協会 1.13~14
10:00~
神戸国際展示場 ・安全で快適な都市づくりを推進するため、地震への事前の備えから被害の未然防止、そして地震発生時の緊急対応、復興への技術、サービスなど、ハード、ソフトにわたっての最新情報を紹介する。
地域防災セミナー '99 in 神戸 実行委員会(神戸市、NTT、日赤、NHK、関西電力、大阪ガス、ラジオ関西、神戸新聞社) 1.13
13:00~
新神戸オリエンタル劇場 ・震災の教訓を次世代に引き継ぐとともに、震災を機に施行された「神戸市民の安全の推進に関する条例」の1周年を記念して、ミュージカルを上演するとともに、地域の防災力向上に貢献した事業者・団体等への表彰を行う。
・NHK 宮田修氏の特別講演    
心の復興・あじさいコンサート 実行委員会(みどり銀行文化振興財団、神戸市教育委員会) 1.15
13:00~
神戸文化ホール 大ホール ・市民の「心の復興」に役立てるととも に、市民文化の振興を図るため、全国的に高く評価されている神戸市を中心とした阪神間の合唱・合奏を披露する。
・コンサート、出演者及び参加者全員で「復興の歌」を合唱
阪神・淡路大震災資料展
~復旧から復興へ~
神戸市立中央図書館 1.16~ 29 神戸市立中央図書館 ・震災から今日までの復興の足どりを胸にきざみ、さらなる復興について考える。
・阪神・淡路大震災から4年目を迎え、 神戸の街が復興していく様子を、航空写真、図書、雑誌等の資料により紹介する資料展示等を実施。
伊丹市民防災のつどい
~講演と南米アンデス民族音楽コンサート~
伊丹市、日本損害保険協会 1.16 伊丹市立生涯学習センター(ラスタホール) ・阪神・淡路大震災の教訓を思い起こし、行政、市民、関係団体等のより一層の防災に対する意識の高揚、知識の普及を図り、災害に強いまちづくりに資することを目的とする。
・講演、コンサート
阪神・淡路大震災4周年記念事業 元気アップ神戸ニューイヤーコンサート
「ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団」演奏会
神戸市、神戸文化ホール 1.16
18:30~
神戸文化ホール 大ホール ・阪神・淡路大震災で多くの市民の方が被災されましたが、その傷ついた心を少しでも元気づけ、今後の復興に資するために開催する。
・楽しい「ワルツ」「ポルカ」等の演奏会
復興 元気いっぱい夢いっぱいの集い 実行委員会(神戸市西区役所、西消防団、西区連合婦人会、西区内自治会他) 1.16
11:00~
プレンティアトリウムコート(西神中央駅) ・区民(特に、仮設住宅入居者・災害復興住宅入居者等)が夢を持ち、神戸の復興に向けてがんばれるよう元気づけを行う。
・区民が元気よく餅つきを行い、つきたての「元気もち」を配る。     
阪神・淡路大震災メモリアルコンサート 実行委員会(兵庫県、兵庫県文化協会、兵庫現代芸術劇場、神戸市民文化振興財団) 1.17 兵庫県公館 ・震災のあった1月17日にメモリアルコンサートを開催することにより、震災を記憶にとどめ、犠牲者に追悼の意を表すとともに、復興に向けての希望の灯火とする。
・新日本フィルのメンバー等による演奏
自主防災研修会 西宮市 1.17
13:30~
西宮市立勤労会館 ・「安全で安心して暮らせる地域づくり」に向けて、自主防災組織のリーダー育成と未結成自治会及び西宮市消防協力隊等に対して啓蒙を図る。
・優良自主防災会の表彰、体験発表、基調講演
阪神・淡路大震災復興支援4周年事業
《川西こころ街シリーズ》
川西市詩吟連盟 構成吟
「紫雲はてしなく」
~空海の生涯~
川西市詩吟連盟、川西市文化財団 1.17
14:00~
川西市みつなかホール ・阪神・淡路大震災の悲しみや教訓、体 験をいつまでも風化させることなく、21世紀に語り継ぐための事業として実施する。同時に、構成吟により、わが国の伝統芸能を広く地域住民に味わって頂くことを通し、直接・間接を問わず被災者である市民相互に、震災体験を通した連帯感を深めてもらう。
・構成吟
1.17,KOBEに“灯り”を 1.17KOBEに“灯り”をともす会(神戸市民交流会、被災地NGO協働センター、神戸アジアタウン推進協議会、元気アップ神戸市民運動推進協議会、神戸市) 1.17 東遊園地 
「市民のつどい」ほか
・「鎮魂と希望を考える」をテーマに、ボランティア、NPO団体も含め、広く市民、市民団体が参加し、追悼を行うとともに、市民交流の場づくりに貢献できるイベントを実施する。
・メイン会場の東遊園地では、竹筒に水を入れローソクを浮かべたもので「KOBE」の文字を作り、薄暮れの頃から深夜にかけて灯りをともす。また、関連記念行事を広く呼びかけ、活動の輪を広げる。           
がんばれこうべっこ元気アップコンサート 神戸市社会福祉協議会、神戸市総合児童センター 1.17
14:00~
神戸市総合児童センター(こべっこランド) ・神戸の子どもたちの震災からの立ち直り支援を目的に、家族ぐるみで楽しめる音楽コンサートを開催する。
・「春待ちファミリーBAND」出演、観客も参加できる楽しいコンサート 
レクイエムの夕べ
~祈りを込めて~
実行委員会(神戸市演奏協会、神戸市婦人文化協会、神戸市) 1.17
18:30~
神戸文化ホール 中ホール ・神戸市の復興を願って、毎年定例的に コンサートを開催するとともに、一般市民を無料招待し、心の安らぎを与え、復興へのきっかけとしてもらう。
・コンサート
「1月17日 防災とボラ ンティアの日」 ボランテ ィア啓発講演会 明石市・明石市社会福祉協議会 1.17 明石市民会館 ・震災で高まったボランティア活動への意識を風化させることのないように、市民一人ひとりが震災で得た経験を忘れることなく、今後のボランティア活動について考えてもらうために、ボランティア啓発講演会を開催する。
・講演 テーマ「ボランティアとコミュニティについて」
「1月17日 防災とボランティアの日」 パネル展 とバザー 明石市社会福祉協議会・明石市ボランティア連絡会 1.17 明石市立勤労福祉会館 ・市民にボランティア活動についての関 心をより一層深めてもらうために開催する。
・パネル展(ボランティア団体の活動内容を紹 介)、バザー、ボランティア体験コーナー(手話・要約筆記・朗読・点訳)
防災とボランティアフェア 実行委員会(ボランティア連絡協議会加入グループ、川西市社会福祉協議会、川西市他) 1.17
11:00~
アステ川西
ぴぃぷぅ広場
・ボランティアや防災に対する関心を市 民に高めてもらい、ボランティア活動への足がかりとなるよう実施する。
・震災写真パネル展示、防災グッズ展示、防災関連パネル展示、ボランティア活動紹介パネル展示等
ひこばえコンサート 実行委員会(宝塚市、女たちの阪神大震災を考える会) 1.17
14:00~
宝塚市立女性センター・エル ・ひこばえ(新しい芽の出る木のこと) の様に、被災された方々が元気の出るように願ってコンサートを開催する。
・ハープコンサート
朗読劇「50年目の戦争・神戸」阪神・淡路大震災を詠む サンシャインホール創造委員会、淡路島朗読劇上演実行委員会 1.17 ひがしうら文化館「サンシャインホール」 ・震災の教訓を忘れず、次世代に語り継いでいくために開催する。
・淡路島朗読ボランティアグループのメンバーによる朗読劇
阪神・淡路大震災防災パネル展 尼崎市防災普及協会 1.18~22 尼崎市防災センター、尼崎市北部防災センター ・震災の体験や教訓を風化させることな く、21世紀に伝えるとともに、市民自らが地域防災の重要性を認識することにより、安心して暮らせる地域社会の形成を目指す。
・震災写真パネル展示、地震に備えた日頃の心構え(イラストパネル)展示、非常持出し品及び防災センター備蓄物品展示、各種シミュレーション体験、起震装置による地震体験、防災ビデオ上映 
復興支援コンサート 実行委員会(関西西宮信用金庫他) 1.18 関西西宮信用金庫本店ホール ・震災後4年が経過し、復旧がほぼ完了して創造的再生への段階へ向かう中、被災者を含め全ての県民がより癒される文化的復興を支援し、21世紀への新たなパラダイム=「共生」を目指すために開催する。
・「夢」「希望」をテーマに公募した詩に、オリジナルのピアノ曲を作曲し、記念コンサートにおいて詩の朗読とともに発表する。          
阪神・淡路大震災4周年 教育復興の集い 兵庫県教育委員会 1.18 県民小劇場 ・阪神・淡路大震災から4周年にあたり、大震災から学んだ示唆や教訓を振り返るとともに、心の教育の充実を図り、人間としての在り方・生き方を育む新たな防災教育の取り組みを総括し、兵庫の教育の創造的復興の推進に資する。
・ビデオ上映、体験発表、特別講演等 
日・米・中震災国際シンポジウム 兵庫県教職員組合 1.18
10:00~
兵庫県教育会館 ・「21世紀に向けた豊かな教育」を創造していくため、ロサンゼルス(米国)や唐山市(中国)などの海外の経験にも学びながら、その方途を見出していくために開催する。
・パネルディスカッション
阪神・淡路大震災チャリティーコンサート
  励ましのコンサート
  復興の日々に-'99  
実行委員会(関西のオーケストラ、合唱団他) 1.19
19:00~
ザ・シンフォニーホール ・関西のオーケストラ、合唱団がボランティアで集結した特別編成による演奏。コンサートに携わる音楽人たちが震災復興を祈って開催する。
・オーケストラ、合唱
総合フォーラム
21世紀文明への展望シンポジウム
阪神・淡路大震災記念協会 1.19
14:00~
兵庫県民会館 ・情報革命がもたらす「交流と多様性」 のサイバー社会が「経済システム」、「エコロジー(生態環境)」、「都市空間」に与えるインパクトについて考察し、21世紀文明を展望する。
・研究報告、基調講演、パネルディスカッション  
阪神・淡路大震災4周年記念「元気アップコンサート」 実行委員会(須磨ニュータウン少年少女合唱団、吉原典子バトンスクール、神戸市消防局、市民防災総合センター、消防音楽隊他) 1.20
18:30~
神戸文化ホール 中ホール ・コンサートを通じて震災の教訓や悲し みをいつまでも風化させることなく、命の尊さ、心の豊かさ、ボランティアの大切さをアピールするとともに、未来への希望をふくらませることができるよう一層の「元気アップ」を推進する。
・吹奏楽演奏、合唱、バトン演技、参加者全員による歌
総合フォーラム
長寿社会シンポジウム
兵庫県、兵庫県長寿社会研究機構 1.21
13:00~
神戸朝日ホール ・震災の教訓を踏まえ、高齢者をはじめとする人々が地域で安心して暮らせるコミュニティの再生を考えるため、コレクティブ・ハウジングなど新しい共同居住の形態からコレクティブ・タウンといったコミュニティのまちづくりを探るため、東アジア諸国等とのコミュニティづくりの比較を行いながら21世紀に向けた新しいコミュニティとまちづくりのあり方を討議する。 ・基調講演、事例報告、パネルディスカッション  
震災復興支援 野田千晶ハープ・リサイタル 宝塚市文化振興財団 1.22
19:00~
宝塚ベガ・ホール ・被災した市民等の皆さんの心の復興に資するため、市内在住のハーピスト野田千晶さんにご協力をいただき、ハープの演奏会で心安まるひとときを過ごしていただく。
・ハープリサイタル
県民ボランタリー活動フォーラム 兵庫県 1.23 兵庫県民会館 ・阪神・淡路大震災をきっかけとして制定された県民ボランタリー活動の促進等に関する条例の理念及び県が取り組む施策等について広く県民に周知するために開催する。
・基調講演、討議、まとめ 
震災4周年“元気アップ 復興祭” 平成10年度元気アップ交流会、兵庫県立女性センター 1.23
13:00~
神戸クリスタルホール ・県民の自立復興に取り組むグループ間のネットワーク強化とグループの活動を支える人材の育成を図るための「元気アップフォーラム」等を開催する。
・フォーラム、講演会
フェニックス活動助成団体交流会 生活復興県民ネット 1.23 兵庫県中央労働センター ・フェニックス活動助成団体が一堂に会し、互いに交流と情報交換を行い、今後の支援のあり方を模索する。
・事例発表、作品・パネル等の展示  
震災復興4周年 西宮邦楽コンサート 実行委員会(西宮三曲協会、西宮市文化振興財団、西宮市教育委員会) 1.23
13:00~
西宮市立フレンテホール ・震災から4周年を迎えるにあたり、震災の記憶を新たにするとともに、生活復興に取り組んでいる人々に明日への希望を持っていただく。
・邦楽(箏、尺八、三弦)コンサート
阪神・淡路大震災と、モンゴル支援シンポジウム 神戸市民自転車同好会 1.24
13:30~
阪神・淡路大震災復興支援館 ・阪神・淡路大震災の際、いちはやく被災地に救援物資を届け、被災者に勇気を与えていただいたモンゴル共和国の抱える問題や、中国の大水害などアジアの問題についてともに考える。
・体験発表、活動報告、講演
元気アップ神戸・灘区子どものつどい 実行委員会(神戸市灘区役所、摩耶山を守ろう会、灘区社会福祉協議会他) 1.24
14:00~
王子公園陸上競技場 ・被災体験で心身ともに沈みがちな子ど もたちの心身のリフレッシュと、子どもたち同志の交流を図る。
・凧揚げコンテスト、専門家による演技披露など
元気アップ神戸・長田区民震災復興コンサート’99 実行委員会(神戸市長田区役所、長田区社会福祉協議会、長田区民まちづくり会議他) 1.24
14:00~
ピフレホール(神戸市立新長田勤労市民センター別館) ・震災の犠牲者に追悼の意を表し、長田 区の今後の復興を祈念するためのコンサートを開催して、精神面での支援と市民生活の再建に資する。
・追悼並びに復興を祈念する市民参加型のコンサート
総合フォーラム
防災シンポジウム
兵庫県・被災10市10町 1.25 芦屋市民会館ルナ・ホール ・「安全で安心なまちづくり」をめざし、地域コミュニティの連携に焦点をあて、21世紀の防災のまちづくりに向けた提言を行う。
・基調講演、パネルディスカッション
港湾労働人材確保シンポジウム 兵庫県 1.25
13:30~
ポートピアホテル
「大和田の間」
・神戸港における港湾の重要性や、優秀な技能を持った若年労働者及び港湾で働く人材の確保の必要性について議論するとともに、今後の港湾における物流システム技術の高度化、国際間競争の激化等を踏まえ、港湾運送事業、港湾労働の在り方とイメージアップについて考える。
・基調講演、パネルディスカッション 
阪神・淡路大震災4周年記念講演会 兵庫県建設業協会 1.27 兵庫建設会館アクシスホール ・震災を契機とした現代住宅の見直しと、今後の経済見通しについて考える。
・講演
阪神・淡路大震災4周年記念シンポジウム
「こどものこころのケアを考える」  
兵庫県 1.28
13:30~
県民小劇場 ・震災から4年が経過し、被災者(児童)への関心が薄れつつある中、今後、長期にわたりケアが必要な被災児童への関心を高めるため開催する。
・基調講演、シンポジウム
「多言語で災害情報を!」シンポジウム 実行委員会(多文化共生センター、神戸アジアタウン推進協議会、兵庫県、神戸市、NGO外国人救援ネット他) 1.29
13:00~
ひょうご国際プラザ ・震災を機に外国人の災害時情報提供のあり方を検討するとともに、多言語により災害時情報を提供していく新しいシステムを全国の自治体や地域メディアに提案し、災害時の外国人住民対応の必要性を広めていく。
・ドキュメンタリーフィルムの上映、基調講演、パネルディスカッション等
~震災4年 芦屋・あすに 向かって~
ニューイヤーコンサート
「ウィーン・セレナーデ」
実行委員会(芦屋市文化振興財団、芦屋市、芦屋市教育委員会、神戸新聞厚生事業団) 1.29
18:30~
芦屋市民会館ルナ・ホール ・震災5年目に向けて、美しい調べを通 じ、より一層の心の復興と文化の復興を願い開催する。
・ウィーンを中心に活躍するソプラノ歌手や演奏家らによるコンサート
阪神・淡路大震災4周年シンポジウム 21世紀の関西を考える会 1.29 ホテルグランヴィア大阪 ・当会の「安心・安全な都市・地域づく り」検討チームでとりまとめた検討結果を報告するとともに、「21世紀の都市の産業と居住」について議論を深める。
・基調講演、シンポジウム
震災4周年「むすぶ・つなぐ」シンポジウム 兵庫県、毎日新聞社 1.31
13:00~
神戸サンボーホール ・平成11年度は、21世紀に向けた自立(律)した市民社会への第一歩を踏み出す重要な年である。本シンポジウムでは、「むすぶ・つなぐ」をキーワードとして、地域コミュニティの形成と自立した市民社会の実現に向けての方策を探り、全国へ発信することをねらいとする。
・リレートーク、パネルディスカッション
震災4周年生活復興フェニックスマーケット 生活復興支援事業実行委員会 1.31 神戸サンボーホール ・これまでのフェニックス・リレーマー ケットの成果を踏まえ、さらに地域を越えた交流やふれあいの場となることをめざして開催する。
・手作り品の出店・販売
防災を考える地域のつどい 実行委員会(神戸市、神戸市内防災福祉コミュニティ、ふれあいのまちづくり協議会他) 1月中旬 ~下旬 各区小学校、公園等 ・阪神・淡路大震災の犠牲者に追悼の意 を表するとともに、震災当時の体験を振り返ることにより、市民相互の助け合いや自主的な防災への取り組みの大切さを再確認し合う。
・市内各地域において地域の集いを開催
総合フォーラム
インフラシンポジウム '99
兵庫県 2.1
13:30~
神戸新聞松方ホール ・震災を風化させず、その貴重な教訓や 経験を生かした、安全で安心なまちづくりの基盤となる、インフラ整備のあり方について全国・世界に向けて発信するとともに、次世代に向けた我が国の社会資本整備についての新たな示唆を得るため、開催する。
・基調講演、パネルディスカッション
伊丹市「能と狂言を楽しむ会」 実行委員会(伊丹市、伊丹市文化振興財団、伊丹謡曲団体連合会) 2.6
10:00~
伊丹市立文化会館(いたみホール) ・古典芸能である「能」「狂言」を上演することにより、震災復興と地域文化の振興を図ることを目的として開催する。
・伊丹謡曲団体連合会による「仕舞」「素謡」、プロによる演能
東播磨情報公園都市シンポジウム 開催委員会(兵庫県、三木市) 2.9 新神戸オリエンタルホテル  ・震災復興と県域の産業構造の転換に向けて東播磨情報公園都市を推進するにあたり、新産業創造拠点の形成をめざす新都市の活動のあり方について提言を得るとともに、兵庫サンベルト構想の一翼を担う新都市のPRと企業立地の促進を図る。
デジタル映像フェア 阪神・淡路産業復興推進機構 2.10 新神戸オリエンタルホテル ・震災地区における映像関連産業育成のため、デジタル映像分野で活躍する著名講師による映像制作、CG制作技術に関するワークショップとデジタル映像の未来像を探るパネルディスカッションを行う。また、デジタル映像関連の機器メーカー、ソフトウェア会社の展示を行う。
阪神・淡路大震災4周年記念いきいき下町シンポジウム 実行委員会(神戸市、兵庫県建築士会、兵庫県建設業協会、住宅・都市整備公団他) 2.11 阪神・淡路大震災復興支援館 ・阪神・淡路大震災4周年を迎え、建築に携わるものとして何ができたのか、何が求められているのかなどについて、震災報道(新聞)から読みとりながら討論することにより、今後の建築・まちづくり活動の展開に反映させることを目的として開催する。
・パネルディスカッション
阪神・淡路大震災復興支援4周年事業
市民合唱とオーケストラ
「モーツァルト/レクイエム」
    
川西市文化財団、大阪フィルハーモニー協会 2.14
15:00~
川西市文化会館 大ホール ・阪神・淡路大震災の悲しみや教訓、体 験をいつまでも風化させることなく、21世紀に語り継ぐメモリアルコンサートとして開催する。また、大震災を体験した者の責務として、いつまでも犠牲者への鎮魂の念を持ち続け、出演者や市民が相互に震災体験を通した連帯感を深めてもらおうとするもの。
・合唱、オーケストラ
アジア防災センター国際シンポジウム 実行委員会(アジア防災センター、国土庁、兵庫県) 2.15 兵庫県公館 ・アジア防災センターの開設を記念し、同センターをはじめ、メンバー国等の代表者が一堂に会し、これからのアジア地域の多国間防災協力について共通認識を持ち、機関相互の理解を深め、今後の連携を深める。また同時に、阪神・淡路大震災4周年記念事業として、震災の教訓をアジア地域の多国間防災協力の推進にも活かしていく。
・特別講演、パネルディスカッション
ひょうご・元気アップふれあいの集い  -兵庫区震災4周年記念- 実行委員会(元気アップ神戸市民運動兵庫区推進協議会、神戸市兵庫区役所) 2.15
14:00~
神戸アートビレッジセンター ・震災4周年を迎え、犠牲となられた方々に追悼の意を表すとともに、復興に向け区民の元気アップを促すコンサートを開催する。
・弦楽四重奏コンサート
ひょうごニューブランドフェア 実行委員会(兵庫県、神戸市、各種地場産業関係団体) 2.19~21 神戸ハーバーランドスペースシアター、デュオドーム ・厳しい経済環境下にある県下の地場産 業の新たな需要・販路の開拓を促進するため、また震災復興の一助として、各産地で開発された新製品を紹介し、消費者の反応を探るニューブランド展示会と産地製品の愛用を促す即売会を実施する。
・新製品展示コーナー、製作実演・体験 コーナー、県内観光PRコーナー、産地製品即売コーナー等         
メモリアルコンファレンスイン コウベ Ⅳ 組織委員会(京都大学、土木学会、日本建築学会、兵庫県、神戸市他) 2.20
9:00~
海洋博物館大ホール ・阪神・淡路大震災を統一キーワードとして、一般市民、被災者、ボランティア、NGO、行政関係者、医療関係者、研究者、技術者、企業関係者等が分野を越えて一同に集い、学術面のみならず、この震災から各々が学んだことを話し合い、互いに理解が足りないことを補い、安全、安心でこころ豊かな社会づくりを目指す。
・シンポジウム、パネル展示
(合 計 69事業)