トップページへ戻る

2周年記念事業一覧

  事業名 主催者 日時 場所 事業内容
総合
(3事業)
阪神・淡路大震2周年記念事業「総合フォーラム」 兵庫県、 10市10町     ・すべての分野を見渡し、直面している重要な課題について、被災者をはじめ国内外から参加者を募り、幅広い全体的な討議を行うことによって、創造的復興が目指す21世紀を展望する。
第1部「21世紀の創造的福祉社会シンポジウム」 9・ 1・16
10:00~
ホテルオークラ神戸
第2部「効果的な防災システム・シンポジウム」 9・ 1・21
13:00~
兵庫県公館
第3部「21世紀文明への展望シンポジウム」 9・ 1・23
13:00~
神戸国際会議場
1 震災を忘れず防災に取り組む
(15事業)
写真・パネル展・防災グッズフェア 川西市 9・1・8~17 川西市役所市民ギャラリー他 ・写真・パネルにより震災の惨状を訴えるとともに、防災グッズの展示等により、セルフディフェンスの必要性をPRする。
兵庫アート・ウィーク・イン東京~地震のあとに生まれた芸術~ 実行委員会(兵庫県、神戸市 他) 9・ 1・11~31 東京都内の文化施設 ・東京都内で作品展示、シンポジウム等を実施し、震災の体験や震災の影響を伝えると ともに、復興に取り組む被災地の現状を 全国にアピールする。
「全国中学生防災フォーラム in KOBE」~災害についてともに考える~ 実行委員会(神戸市他) 9・ 1・12 9:30~ 神戸商工会議所会館神商ホール ・全国の防災先進地域から中学生を招き、中学生自らが、各市町の災害への取り組み等について意見交換を行い、自然災害への備えの重要性を再認識する。
国際防災シンポジウム「大震災への挑戦'97」 開催委員会(企業・団体代表者)
(共催)東京都、東京都区市町村
9・ 1・13~21(うち神戸16日) 東京国際フォーラム、神戸国際会議場他 ・大震災を乗り越えて、都市は繁栄を続けられるか、その方策を究明し、21世紀に向けた都市の繁栄の道筋を探る。
・復興に立ち向かう神戸を激励するととも復興の現状と課題を洗い出し、大都市のよみがえりの道筋と方策を考える。
阪神・淡路大震災防災パネル展 尼崎防災普及協会 9・ 1・15~21 尼崎市防災センター ・広く市民に対する防災意識の普及を図るため、防災パネル、防災用品の展示等を行う。
阪神・淡路大震災を考える講演会 兵庫県建設業協会 9・ 1・16 13:00~ 兵庫建設会館 ・震災の記憶を風化させることなく、1月17日の「防災とボランティアの日」にちなんで、震災に強い安全な都市づくりについて考える。
防災映画「マグニチュード」試写会 消防庁、兵庫県、神戸市、日本防火協会、AVP(アーティスト・ホランティア・プロジェト) (神戸会場)
9・ 1・16 18:30
(洲本会場)
9・ 1・20 18:30
神戸文化ホール
洲本市民会館
・防災とボランティアの日にちなんで、国民の防災意識の高揚のためのより効果的 な取り組みとして、映画関係者のボランティア出演と公益目的の活用を前提とした防災映画を製作し、その完成試写会を行う。
震災対策技術展'97 神戸国際交流協会 9・ 1・16~17 神戸国際展示場 ・震災の備えから震災直後の緊急対応力や救援、復旧活動に至る対策、技術、製品を展示し、防災意識の高揚を図る。
まちづくりフォーラム 伊丹市、伊丹都市政策研究所 9・ 1・17 13:30~ 伊丹アイフォニックホール ・震災の体験を踏まえ、安全で安心して暮らせるまちづくりを市民とともに考える。
・あわせて、防災フェア、震災復興演奏会を開催する。
地域防災シンポジウム'97in 神戸 実行委員会(神戸市他) 9・ 1・17~18 神戸国際会議場 ・行政、企業、市民において震災を教訓とし、防災対策の見直しが進んでいる。
最新の取り組み状況を発表するとともに 今後の課題や対応を検討し、新しい防災対策の指針を示す。
防災を考える市民のつどい 実行委員会(神戸市他) 9・ 1・17~19 神戸市各区、神戸市役所 ・防災を考える地域のつどい
犠牲者に追悼の意を表するとともに、震災当時の体験を語ることにより、市民相互の助け合いや自主防災への取り組みの大切さを再認識する。
・防災を考える市民のつどい
防災活動に積極的に取り組む地域の代表者が集い、それぞれの地域の活動状況や問題点を語り合う。
  事 業 名 主  催  者 日 時 場 所 事 業 内 容
1 震災を忘れず防災に取り組む 第2回市民とNGOの「防災」国際フォーラム 組織委員会(コープこうべ他) 9・ 1・17~19 神戸国際展示場、真光寺 ・「くらし再建 道筋これから」をテーマに、暮らしの再建に向けて、その具体的方策とそれらを芽生えさせる条件づくりを課題の中心とし、議論を深める。
被災建築物応急危険度判定に係る講演(兵庫県被災建築物応急危険度判定協議会設立総会) 兵庫県 9・ 1・22
13:00~
兵庫県公館 ・被災建築物応急危険度判定に係る講演等を実施し、応急危険度判定士の養成を図るとともに、防災体制の一層の充実を目す。
復興へのかけはし~県立四大学震災復興研究発表会~ 兵庫県立4大学 9・ 2・ 1
11:00~
兵庫県公館 ・県立大学で実施している震災復興に向けた特別研究の成果の報告を行い、県民、行政機関等に研究成果の還元や情報提供を行う。
メモリアル コンファレンス イン コウベⅡ 実行委員会(学会、自治体等で構成) 9・ 2・24
9:00~
神戸国際会議場 ・諸学会や行政に止まらず、県民、民間企業等が専門分野を越えて、震災経験・教訓を多方面から語り合う。
2 ボランティア活動をひろげ新しい福祉コミュニティをめざす(37事業) 阪神・淡路大震災2周年メモリアル保健・医療シンポジウム 兵庫県 8・12・24
13:00~
兵庫県中央労働センター ・仮設住宅入居者の健康問題、生活復興の過程での生活環境の変化に対応した保健 ・医療活動のあり方を考える。
震災復興支援チャリティポストカード原画展
-小さな瞳が見た1.17-
芦屋児童美術教育研究会 9・ 1・10~1・24 阪神・淡路大震災復興支援館 ・震災復興支援チャリティポストカードを通じて、震災遺児支援の輪を広げるため原画展を開催する。
阪神・淡路震災2周年記念北区民のつどい 実行委員会(神戸市他) 9・ 1・11
13:30~
北区民センター ・犠牲者への追悼の意を表するとともに、被災者の市民生活の再建と神戸の早期復興を誓い合う。
ふるさと須磨のつどい 須磨区社会福祉協議会、須磨区民まちづくり会議 9・ 1・11
11:00~
シーパル須磨、須磨海岸 ・震災で須磨区を離れている区民を対象にふるさと須磨で心の復興をはかる。
・併せて被害を受けたまちの復興祈願と被災者の元気づけのため、凧を上げる。
ふれあい園芸・木工教室とコンサート 兵庫県、兵庫県立三木山森林公園、兵庫県フラワーセンター 9・ 1・12
10:30~
兵庫県立三木山森林公園 ・被災者を対象に明日への希望と勇気を与える生きがい対策として、園芸・木工教室等を実施する。
チャリティ公演「劇団道化座『あした晴れる日』」 兵庫県学校厚生会 9・ 1・12
14:00~
神戸新聞松方ホール ・震災2周年を迎えるに当たり、復興に向けて、被災者に安らぎのひとときを与え、復興に向けて力づける。
あじさいコンサート 実行委員会(神戸市、みどり銀行文化振興財団他) 9・ 1・15
12:30~
神戸文化ホール ・神戸市を中心とした阪神間の小学校から大学及び地域の全国的に評価されている合唱・演奏を市民に披露し、心の復興に役立てる。
「防災とボランティア」を考えるつどい 連合本部、連合兵庫 9. 1.16
16:15~
神戸メリケンパークオリエンタルホテル ・震災犠牲者への追悼と生活復興に向けての取り組みの決意を表明すると共に、震災時のボランティア活動とその後の継続した取り組み事例の発表を行い、これからのボランティアを考える。
市民のつどい 実行委員会(神戸市他) 9・ 1・17
13:30~
神戸文化ホール ・被災しながらも自立に向けて立ち上がろうとしている市民に、市民自ら呼びかけて集まってもらい、互いに理解し元気づけ合うとともに、これからも力を合わせて頑張ろうというきっかけとする。
震災2周年のコンサート「希望の調べ」 実行委員会(神戸市他) 9・ 1・17
19:00~
神戸文化ホール ・犠牲者に追悼の意を表するとともに、被災者の心を癒し、明日への希望も持ってもらうことに資する。
ボランティア啓発講演会 明石市、明石市社会福祉協議会 9・ 1・17
13:30~
明石市立市民会館 ・広く市民が災害時におけるボランティア活動と自主的な防災活動についての認識を深め、災害への備えの充実強化を図る
震災2周年のコンサート「希望の調べ」 実行委員会(神戸市他) 9・ 1・17
19:00~
神戸文化ホール ・犠牲者に追悼の意を表するとともに、被災者の心を癒し、明日への希望も持ってもらうことに資する。
ボランティア啓発講演会 明石市、明石市社会福祉協議会 9・ 1・17
13:30~
明石市立市民会館 ・広く市民が災害時におけるボランティア活動と自主的な防災活動についての認識を深め、災害への備えの充実強化を図る
阪神・淡路大震災メモリアルコンサート 実行委員会 (兵庫県他) 9・ 1・17
19:00~
兵庫県公館 ・震災体験を記憶にとどめ、犠牲者を追悼し、復興への希望を音楽等に託して実施する。
ひこばえコンサート 女たちの阪神大震災を考える会、夢企画 9・ 1・17
18:00~
宝塚市立女性センター ・ひこばえのように、悲しみから勇気を持って立ち上がり、力を奮い起こして懸命に歩んでいらっしゃる方々と一緒に、いい音楽を聞き、みんなで大きな声で歌い、励まし合おうと開催する。
忘れないで阪神大震災1.17鎮魂と希望のともしび 忘れないで阪神・淡路大震災実行委員会 9・ 1・17
17:15~
宝塚市役所市民ホール ・平成8年12月23日に山形県のボランティアと共に作った手作りのろうそくをともし、震災で犠牲となった人々の鎮魂と、震災記憶の風化防止への思いを込めて開催。
震災復興支援寄席 宝塚市商工会青年部 9・ 1・17
18:00~
宝塚ソリオホール ・被災者に何か一つでも楽しみを見つけ出してもらい、心の傷を少しでも和らげて、精神面での回復に役立てることを願って開催する。
仮設住宅入居者のための文化祭 神戸市垂水区役所 9・ 1・18
10:30~
垂水勤労市民センター ・仮設住宅居住者を中心とした被災者を激励する。
震災2周年元気アップ交流会 実行委員会(元気アップ活動グループ) 9・ 1・18
10:00~
神戸クリスタルタワー他 ・被災者自ら取り組む復興に向けての活動を支援する。
復興元気いっぱい夢いっぱいの集い 神戸市西区役所、西区社会福祉協議会 9・ 1・18
12:00~
プレンティ中央広場 ・仮設住宅者等を対象に、イベントを開催し、復興に向けて元気づける。
ボランティアシンポジウム 兵庫県 9・ 1・18
13:00~
神戸商工会議所会館神商ホール ・これからの市民社会におけるボランティア活動、NPOの果たす役割や意義、活動基盤づくりについて考えるとともに、市民社会の構築に向けて兵庫からのメッセージを伝える。
コープボランティアフェスティバル 生活協同組合コープこうべ実行委員会(組合員で構成) 9・ 1・18~19 ワールド記念ホール ・「つながり ひろげよう あなたと共に」をテーマに、ボランティアの輪を広げ、新しいコミュニティづくりを目指し、地域諸団体とのネットワークを広める。
なだの親子フェスティバル 実行委員会(神戸市他) 9・ 1・19
10:00~
灘区民ホール ・被災体験で、心身ともに沈みがちな子供達の健全な育成を願うとともに、防災意識を高める機会とする。
~震災2年 芦屋・あすに向かって~響け!シング シング シング 実行委員会(芦屋市他) 9・ 1・19
14:00~
芦屋市精道小学校体育館 ・震災後避難所であった体育館に、避難された人たち、震災を乗り越え文化の灯を守ろうと活動を続ける人たちが集まり、さらなる勇気と希望を持って3年目に向けて歩む気持ちを高める。
阪神・淡路大震災復興支援事業「劇団道化座公演」 兵庫県、兵庫県文化協会、川西市、川西市文化財団他 9・ 1・19
14:00~
川西市文化会館 ・被災者である劇団員自らが、演劇を通じて、被災者を励まし、生活復興を支援する。
震災2周年生活復興フェニックスバザール 実行委員会(兵庫県、公募による企画委員で構成) 9・ 1・19
10:00~
神戸国際展示場 ・被災者への励ましのみならず、これまでの支援への感謝をこめ、生きがいや生活復興に向けた取り組みの集大成として、その成果を全国にアピールする。
うはら音楽祭~復興学生が創るニューイヤー・コンサート~ 神戸市東灘区役所、神戸市東灘区中学校・高等学校連合音楽会運営委員会 9. 1.19
11:00~
甲南女子大学芦原講堂 ・東灘区内の中学校・高等学校のみならず一般の音楽家等を交え、東灘文化の復興イベントとして開催し、被災者の精神的支援に資するものとする。
「こころの国際化」フォーラム 兵庫県、兵庫県国際交流協会 9・ 1・22
13:30~
西宮フレンテホール ・被災外国人県民の生活復興について考えるとともに、日本人県民が異なる文化等を理解し、寛容に受け入れるこころを育む「こころの国際化」について考える。
ラトルスネーク・アニーコンサート 実行委員会 (市民グループ) 9・ 1・23
19:00~
西宮フレンテホール ・阪神・淡路大震災の記憶を新たにするとともに、被災者を激励する。
ひょうご区民・元気アップふれあいのつどい 神戸市兵庫区役所 9・ 1・24
14:00~
神戸アートビレッジセンターKAVCホール ・犠牲となった区民の鎮魂と、今後の区の復興を祈念するとともに、兵庫区民を元気づける。
阪神・淡路大震災2周年記念シンポジウム「子どものこころのケアを考える」 兵庫県 9・ 1・24
13:00~
明石市立市民会館 ・子どものこころのケアのこれまでの取り組みを検証し、家庭など日常生活におけるケアの重要性を再認識するため、シンポジウム等を実施する。
地域医療シンポジウム 神戸市東灘区役所、東灘区医師会 9. 1.25
13:30~
コープこうべ「生活文化センター」 ・震災直後からの地域医療及び震災2年目を迎えた地域ケアのあり方について、医療・保健・福祉の各関係者のみならず一般市民を交え、意見交換を行う。
長田区民震災復興コンサート 実行委員会(神戸市他) 9・ 1・26
14:00~
神戸市防災コミュニティセンター ・犠牲者への追悼の意を表するとともに、被災者に対する精神面での支援と市民生の再建に資する。
生涯学習フォーラム「ボランティアのこころを育むネットワーク-家庭・地域社会・学校-」 西宮市教育委員会、西宮市PTA協議会、西宮市子ども会協議会他 9・ 1・29
13:30~
西宮フレンテホール ・阪神・淡路大震災を体験することにより近隣コミュニティの大切さを実感した。 今後の高齢社会に向け「ボランティアの心」を育てる社会的風土を造り上げる。
高齢者の住まいとケアを考えるシンポジウム 兵庫県、長寿社会文化協会、兵庫県長寿社会研究機構、毎日新聞社 9・ 1・29
13:30~
神戸朝日ホール ・高齢社会の到来に備え、高齢者の多様な生き方を支える住まいとケアのあり方を考える。
第3回フェニックスコンサート 兵庫県音楽活動推進会議 9・ 1・31
18:30~
神戸朝日ホール ・震災復興のシンボル、フェニックスにちなみ、フェニックスコンサートと銘打ったコンサートを震災詩集からの作曲、演奏をメインに行い、復興を力強くアピールする。
元気アップ東灘・ふれあい交流会 実行委員会(神戸市他) 9・ 2・ 2
13:00~
コープこうべ「生活文化センター」 ・区内の仮設住宅居住者や東灘区からの市外避難者等の参加を得て、被災者の激励と区民間の交流を進め、元気アップ東灘 の実現の契機とする。
神戸シンポジウム「大震災から2年-人間の復興を考える-」 神戸生命倫理研究会 9・ 2・9
13:00~
神戸国際会議場 ・阪神・淡路大震災2周年を機に、人々の精神面での復興を考えるシンポジウムを開催する。
ボランティアがいきるまちづくりシンポジウム 実行委員会(津名町他) 9・ 2・23
14:00~
津名町立しづかホール ・震災2周年を経過し、ボランティア活動も少なくなり、強かった住民の連帯感も薄れつつある。震災の教訓を風化させることもないよう、心の通い合うまちづくりについて考える。
3 21世紀文明を創造する(10事業) 阪神・淡路大震災2周年教育復興シンポジウム 文部省、兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会 9・ 1・16~18 新神戸オリエンタル劇場他 ・全国の教職員等の参加を得て、大震災の教訓を生かした人間教育の視点に立つ新 たな防災教育の取り組み等についての認識を高める。
日・米・中 国際震災シンポジウム(仮称) 日本教職員組合、兵庫県教職員組合 9. 1.18
10:00~
神戸市立総合教育センター ・ロサンゼルス地震、阪神・淡路大震災、雲南省大地震、奥尻島、普賢岳の被災地の教育者が集まり、大震災等、激甚災害時における防災教育の在り方について意見交換を行い、教育の創造的復興の実現 を目指す。
阪神・淡路大震災2周年国際シンポジウム「災害から文化財を守る」 東京芸術大学
(共催)兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会他
9・ 1・19~25
(うち神戸19、20日)
神戸朝日ホール、国立オリンピック記念青少年総合ンター国際交流館他 ・緊急時の文化財保護についての貴重な知見を国内外に情報発信するとともに、文化財の被害を最小限とするための予防的対策、迅速な事後処理のあり方について認識を深め、文化遺産の保全に資する。
災害情報フォーラム 実行委員会(兵庫県、兵庫ニューメディア推進協議会他) 9・ 1・24
11:00~
尼崎リサーチ・インキュベーションセンター ・震災においては、行政における情報収集・伝達等の様々な課題が生じた。その後の課題に対する取り組みを検証し、県域をはじめ、他地域における、より強固な防災体制の構築に資する。
地震と人々の健康に関する国際シンポジウム WHO健康開発総合研究センター
(共催)WHO神戸センター協力委員会
9・ 1・27~30 神戸国際会議場 ・地震に関する短期・長期にわたる健康開発を目的として、社会的、経済的、環境そして健康面の要素間の関係を示す発表を行う。
阪神経済浮上セミナー「生き残りの条件」 阪神地域商工会議所・商工会連絡協議会 9・ 1・27
13:00~
甲子園都ホテル ・震災による大きな被害からの脱却を図るとともに、産業構造の変革への対応と地域経済の浮上を果たすための取り組み方策、視点について共に考えていくことを目的とする。
阪神・淡路大震災2周年記念シンポジウム 21世紀の関西を考える会 9・ 1・28
13:30~
リーガロイヤルNCB ・「関西から考える21世紀の安心安全な都市・地域づくり」をテーマに学際的論議を深める。
文化復興支援フォーラム 阪神・淡路震災復興支援10年委員会 9. 1.31
14:00~
阪神・淡路大震災復興支援館 ・独特の成熟性を有する阪神文化圏の震災からの再生により、被災地の文化・経済の復興を果たしていくため、文化復興活動に取り組むグループの報告を受けるとともに、関西文化のリーダーの意見交換により、将来的展望を考える。
震災2周年記念シンポジウム「生活再建にむけて~被災地における雇用就業問題を考える~」 兵庫県 9・ 2・ 4
13:00~
兵庫県中央労働センター ・被災地の雇用・就業問題を震災復興の過程の労働問題としてとりあげ、企業、県民の役割、行政のあり方について広く議論する。
オープンフォーラム「新生・神戸テイクオフ宣言」 阪神・淡路産業復興推進機構、神戸新聞社、郷土振興調査会 9・3・11
14:30~
神戸ハーバーランド・ニューオータニ ・オープンフォーラムを行い、共に阪神・淡路地区の更なる産業復興を目指して、平成9年を”新生神戸への飛翔の年”としていく。

(合 計 65事業)