トップページへ戻る

ひょうご防災カフェinふれあいフェスティバル2007

実施概要

【 主 催 】

内閣府、兵庫県、ひょうご安全の日推進県民会議

 

【 後 援 】

財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構、阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター

 

【 開 催 日 】

平成19年10月27日(土)・28日(日)

 

【 開 催 場 所 】

西播磨広域防災拠点・芝生広場(播磨科学公園都市)
(「ひょうごふれあいフェスティバル2007」の一環で開催)

参加人数

17,000人(2日間)

実施内容(主なもの)

○防災トーク(芝生広場)

ゲスト:古市忠夫氏(プロゴルファー)、谷五郎氏(ラジオパーソナリティ)

 

○映画上映・ワークショップ


・映画「ありがとう」上映会
・ワークショップ
《 参加者 》
室崎益輝氏(消防大学校消防研究センター長)、
古市忠夫氏、谷五郎氏、県立舞子高等学校生徒、
一般県民

            

○備蓄倉庫内展示・ステージ


・備蓄品等一般公開
・人と防災未来センター特別展
・あこう絵マップコンクール作品展示・事例発表
・地元自主防災組織の活動紹介
・みーんな元気QQ体操(ラジオ関西)

                  

○防災活動展示・実演等


・救命措置(心肺蘇生法・AED)の実演・体験
(日本赤十字兵庫県支部)
・EARTH(震災・学校支援チーム)による防災教育の実演
・防災体験ゲーム:「イザ!カエルキャラバン」、
防災楽習迷路
・防災ガラスの破損実演
・レスキュー犬の活動紹介
・家具固定、非常用食糧、防災用品等の展示、実演

                            

○特殊車両等の展示等


・人命救助システムの設営・展示
・消防はしご車展示
・起震車による地震体験

                                                          

○炊き出し


・陸上自衛隊第三特科隊、県立新宮高等学校、
地元ボランティア

関連資料