トップページへ戻る

阪神・淡路大震災25年事業の展開

阪神・淡路大震災から25年の節目を迎えるにあたり、「震災を風化させない-『忘れない』『伝える』『活かす』『備える』」を基本コンセプトに、県民、関係機関・団体等と連携して、阪神・淡路大震災の経験と教訓を広く発信し、次の大災害への備えや対策の充実につながる事業を展開します。

1 ひょうご安全の日のつどい

 震災の経験と教訓をいつまでも忘れることなく、安全・安心な社会づくりに向けて歩む決意を引き続き発信します。

【日時】
 2020年1月17日(金)

【内容】

  • 1.17のつどい(兵庫県公館とHAT神戸の2会場で開催)
  • 1.17ひょうごメモリアルウォーク2020
  • 交流ひろば・ステージ
  • 防災訓練
  • 地域のつどい

2 記念事業

 震災の経験、教訓を風化させず、災害文化の醸成を目指し、県や関係機関が、被害の抑制につながる知識、ノウハウ、技術を広く社会に伝える各種イベント等を実施します。

  • 阪神・淡路大震災25年総合フォーラム
  • 震災25年 新長田にぎわい交流祭
  • 世界災害語り継ぎフォーラム
  • 次世代防災ジュニアリーダーによる「震災をつなぐ・伝える」フォーラム
  • 震災25年事業 自主防災組織元気!フォーラム
  • 兵庫県広域防災センター実戦デモ  等
     

全記念事業の一覧は以下のファイルを参照してください。

阪神・淡路大震災25年記念事業一覧(R2.2.3現在)

皆さんの“阪神・淡路大震災25年記念事業”を募集します!

 阪神・淡路大震災25年の機運醸成のため、震災25年の冠やロゴマークを掲げて実施いただける皆さんの“阪神・淡路大震災25年記念事業”を募集しています。
 ぜひ皆さんが実施する事業の情報をお知らせください!

【対象となる事業】
次のいずれにも当てはまる事業が対象です。

  1. 「震災を風化させないー『忘れない』『伝える』『活かす』『備える』」の基本コンセプトに合致する事業

  2. 震災の風化を防ぐとともに、震災の経験と教訓を広く社会に発信し、次の大災害への備えや対策の充実を図るための事業

  3. 平成31年4月1日から令和2年3月31日までの間に、兵庫県内で実施される事業

  4. 政治活動、宗教活動等にかかわりがない事業

  5. 暴力行為又は迷惑行為を伴わない事業

※上記のいずれの条件にも該当する事業であっても、ひょうご安全の日推進県民会議会長が適当でないと判断する場合があります。

 

 応募方法など詳しくは以下のチラシをご覧ください。
『皆さんの“阪神・淡路大震災25年記念事業”を募集します!』(PDF)
『応募用紙』(Word)

3 ひょうご安全の日推進事業(助成事業)

 地域団体など県民が主体となって行う防災・減災の取組みを支援します。
 詳細はこちら

区分 助成対象
全県・地域事業 震災の教訓の継承・発信等を目的として、県民を対象に、NPO、ボランティア団体、実行委員会等が実施する講演会、シンポジウム、啓発イベント等
自主防災組織強化支援事業

自主防災組織が実施する特色ある防災訓練に加え、以下のいずれかの取組みを行う場合

  1. 実動的な活動を伴う研修会の開催
  2. 他団体との合同訓練
  3. 避難所・避難路の視認性強化につながる表示板整備
実践活動事業

地域団体、学生グループ、学校、企業・事務所が実施する実践的な防災訓練、個別支援計画等の策定、防災学習