トップページへ戻る
ローソン
神戸国際会館
全労済
損保ジャパン
兵庫宅建協会
ライオンズクラブ国際協会

平成18年度

阪神・淡路大震災の経験と教訓や多大な支援への感謝を内外に発信し、1.17を忘れずに語り継ぐとともに、安全・安心な社会づくりを期する日として定めた「ひょうご安全の日(1月17日)」を中心に、「減災月間」である1月に、多くの関連事業が実施され、約20万人(1.17は忘れない地域防災訓練への参加者数は除く)の参加があった。

1 実施概要

ひょうご安全の日推進県民会議(会長:知事)の主催で実施された「ひょうご安全の日のつどい」は、1月17日、震災当時に思いを馳せ、安全で安心な社会づくりを推進する行事として東西2ルート、5つの出発地からHAT神戸までを歩く「1.17ひょうごメモリアルウォーク」、人と防災未来センター慰霊のモニュメント前での「1.17のつどい」、関係機関、ウォーク参加者による「防災訓練」、炊き出し、ステージイベント、パネル展示、フリーマーケット、防災用品展などの「交流ひろば・交流ステージ」事業が行われた。


2 参加人数

約5,000人

3 事業内容

ア 1.17ひょうごメモリアルウォークについて

  1. 日   時  平成19年1月17日(水)
  2. 場   所  山手幹線上の2ルート・5コース
  3. 参加人数  3,400人
  4. 内   容
    コ  ー  ス スタート時間 参加者数(人)
    東コース 西宮市役所(15km) 8:00 700
    芦屋市・川西運動場(10km) 8:30 600
    王子公園(2km) 11:00 500
    西コース 県立文化体育館(10km) 8:30 600
    市立中央体育館(5km) 10:00 800
    自主計画コース(10団体) 200
    3,400

イ 1.17のつどい

  1. 日   時  平成19年1月17日(水) 11:50~17:00(献花終了)
  2. 場   所  人と防災未来センター (神戸市中央区)
  3. 参加人数  2,000人
  4. 内   容
  • 開会あいさつ(県議会議長)
  • 黙とう、カリヨンの鐘
  • 主催者代表のことば(知事)
  • ご来賓代表あいさつ
  • (国土交通大臣・防災担当大臣(代読))
  • 県民のことば(新成人2名)
  • 献唱曲(神戸市立なぎさ小学校)
  • 1.17ひょうご安全の日宣言(県民会議企画委員長)
  • 献花

ウ 防災訓練

  1. 日   時  平成19年1月17日(水)13:00~14:00
  2. 場   所  なぎさ公園北側道路及び南側海上
  3. 参加人数  1,500人(神戸市立長田小学校、渚中学校の生徒が参加)
  4. 内   容
    • 海上防災訓練、初期消火訓練、負傷者応急措置訓練、
      心肺蘇生法訓練、耐煙訓練、起震車による地震体験、
      障害物除去訓練、非常食体験訓練、緊急応急仮設診療所の展示、
      特殊車両の見学

エ 交流ひろば

  1. 日   時  平成19年1月17日(水)10:30~16:00
  2. 場   所  なぎさ公園
  3. 参加人数  5,000人

  1. 内   容
    • [会場展示]
    • 関係機関、団体によるパネル展示

    • 防災用品展示・実演

    • [炊き出し等]
    • ボランティアグループ等による炊き出し、手作り品の販売等

 

オ 交流ステージ

  1. 日   時  平成19年1月17日(水)13:30~15:30
  2. 場   所  なぎさ公園特設ステージ
  3. 参加人数  2,000人
  4. 内   容
    • ウォーキング講習会(㈱アシックス)
    • 被災者グループによるコーラス、神戸市立神戸西高校生による和太鼓演奏
    • 災害救助犬の活動紹介
    • 天才チンパンジー「パンくん」とブルドッグ「ジェームズ」の防災ショー、防災マスコット「はばタン」の元気アップコンサート
    • 高石ともや氏によるミニコンサート