トップページへ戻る
ローソン
神戸国際会館
全労済
損保ジャパン
兵庫宅建協会
ライオンズクラブ国際協会

平成23年度

「ひょうご安全の日」である平成24年1月17日(火)に、阪神・淡路大震災の経験と教訓をいつまでも忘れることなく、安全で安心な社会づくりを推進するため、「伝える」「備える」をテーマに、「ひょうご安全の日のつどい」を実施しました。

「ひょうご安全の日のつどい」の実施結果 (平成25年度)

「ひょうご安全の日のつどい」は、1月17日に、風化しがちな防災意識を新たにするとともに、震災の経験と教訓を発信し、1.17を忘れずに語り継ぐため、「1.17のつどい」「1.17ひょうごメモリアルウォーク2012」「交流ひろば・ステージ」「防災訓練」「施設見学」を実施しました。
また、特別企画として「東日本大震災“絆"の発信」をあわせて実施しました。

2 事業内容

(1)「1.17のつどい」

阪神・淡路大震災の犠牲となられた方々への哀悼の誠を捧げるとともに、安全・安心な社会づくりに向けて歩む決意について、国内外や次世代に強く発信する「1.17のつどい」を実施しました。

  1. 日  時  平成24年1月17日(火)11:50~12:30(献花12:25~17:00)
  2. 場  所  HAT神戸(人と防災未来センター 慰霊のモニュメント前)
  3. 参加人数  2,000人
  4. 献花人数  2,000人
  5. 内   容
     ・献奏曲
     (「マニフィカート」より『エスリエンテス』)
    ・開会のことば
    ・黙祷(「カリヨンの鐘」鳴鐘)
    ・主催者代表挨拶
    ・県民のことば
    ・献唱曲「しあわせ運べるように」
    ・1.17ひょうご安全の日宣言

(2)1.17ひょうごメモリアルウォーク2012

震災当時 に思いを馳せ、東西6つの出発地からHAT神戸までを歩く「1.17ひょうご メモリアルウォーク」を実施しました。また、ウォーク参加者から東日本大震災被災地への応援メッセージを募集し、ゴールの交流ひろばで展示しました。(写 真右:黄色いメッセージカードを花の形にした『シンサイミライノハナ』)

  1. 日   時  平成24年1月17日(火)
  2. 場   所  西宮市六湛寺町
            ~神戸市須磨区若宮町
  3. 参加人数  3,200人
  4. コース別の参加者数

コ  ー  ス スタート時間 参加者数(人)
■一般コース
東コース 15kmコース(西宮市役所発) 8:00 700
10kmコース(芦屋市川西運動場発) 8:30 600
2kmコース(王子公園発) 11:00 400
西コース 15kmコース(須磨海浜公園発) 8:00 300
10kmコース(県立文化体育館発) 8:30 300
5kmコース(神戸市立中央体育館発) 10:00 700
■帰宅訓練コース(10団体) 200
3,200

(3)交流ひろば・ステージ

県民の防災意識の向上や交流、次世代への教訓の伝承を図る場として、交流ひろば・ステージを実施しました。

  1. 日   時  平成24年1月17日(火)
            10:30~15:00
  2. 場   所  なぎさ公園(神戸市中央区脇浜海岸通)
  3. 参加人数  5,300人
  4. 内   容
    • [会場展示]
    • 関係機関・団体による展示、体験
    • 防災関係企業による防災用品の展示・体験
    • ボランティアグループ等による炊き出し
    • 東日本大震災応援メッセージの発信
    • 被災地での支援活動報告、東北物品販売・観光PR
    • 東日本大震災復興と絆を考えるトーク&ライブ
    • ヴィッセル神戸監督や選手による東日本大震災支援チャリティーオークション・防災クイズ
    • 高石ともや、川嶋あいミニコンサート など


(4)防災訓練

県民参加による防災関係機関と連携した実戦的な「防災訓練」を実施しました。

  1. 日   時  平成24年1月17日(火)
            13:00~15:00
  2. 場   所  なぎさ公園及び南側海上
  3. 参加人数  500人
  4. 内   容
    障害者・高齢者の体験装具を装着した避難体験・誘導体験、海上での要救助者救助訓練、要救助者搬送訓練、物資搬送訓練