トップページへ戻る

国連防災世界会議

小泉 純一郎 首相


井戸 敏三 兵庫県知事


昨年12月23日(現地時間)、第58回国連総会において、我が国からの提案のもと、141カ国より共同提案された「国連防災世界会議」に関する決議案が全会一致で採択されました。これにより、阪神・淡路大震災から10年となる2005年1月の機会をとらえ、次のとおり、我が国において国連防災世界会議が開催されました。

日程 2005年1月18日(火)−22日(土)
場所 兵庫県神戸市(神戸ポートピアホテル、神戸国際会議場、神戸国際展示場等)
参加機関 国連加盟国 168ヶ国
国連機関等国際機関 78機関
NGO 161団体
計4,000人以上 *パブリックフォーラムには、4万人以上が参加
会議の目的 「横浜戦略とその行動計画」(1994年国連防災世界会議)の見直しの結果を踏まえ、21世紀の新しい防災戦略を策定することとし、災害による被害の軽減を目指す。
会議の構成
  ○政府間会合
新たな防災戦略策定等を議論する国連加盟国等による会議
  ○テーマ別会合
新たな防災戦略等に関連する個別のテーマを議論する国連加盟国や国連機関等による会議
  ○パブリックフォーラム
シンポジウムや展示会などの一般参加事業
成果報告
  兵庫行動枠組(英語・日本語仮訳・骨子)
兵庫宣言(英語・日本語仮訳)
「より安全な世界に向けての横浜戦略と行動計画」のレビュー(英語・日本語仮訳)
インド洋災害に関する特別セッションの共通の声明(英語・日本語仮訳)
 
   
国連防災復興協力センターの設置
  国連防災世界会議を受け、被災国支援の総合窓口となり、人材育成や、復興対策・予防対策の調整・発信等を行う国連防災復興協力センターが、神戸に設置されます。

兵庫行動枠組みの採決


国連防災世界会議の開催風景