トップページへ戻る

震災による被害の概要

1.地震の発生状況

震災による被害の概要
平成7年1月17日、5時46分、兵庫県南部に震度6、場所によっては震度7の強い地震が発生した。この地域としては、昭和27年に記録した震度4をはるかに上回る大きなものであった。

震源地 淡路島北部 北緯34度36分 東経135度02分
震源地の深さ 16km
各地の震度 6(神戸・洲本)5(豊岡)4(姫路)など
7(神戸市、芦屋市、西宮市、宝塚市、北淡町、一宮町、津名町の一部)
マグニチュード 7.3


2.地震の特徴

人口350万人余が密集し、我が国の経済活動の中枢を担う淡路北部から神戸市及び阪神地域の直下で発生した内陸・都市直下型地震であった。深さ16kmという比較的浅い部分で発生し、断層が横にずれることにより起こったもので、大きなエネルギーが一挙に解放されるタイプであった。

3.被害の概要

(1)被害の特徴
・ 大都市を直撃した大規模地震のため、電気、水道、ガスなど被害が広範囲となるとともに、鉄道、新幹線、高速道路、新交通システム、都市間交通・地下鉄が損壊し、生活必需基盤(ライフライン)に壊滅的な打撃を与えた。
・ 古い木造住宅の密集した地域において、地震による大規模な倒壊、火災が発生し、特に、神戸市兵庫区、長田区などでは大火災が多発した。
・ 神戸・阪神地域という人口密集地で発生したため、多数の住民が避難所での生活を余儀なくされた。



(2)被害状況

区分 兵庫県 全国
死者数 6,401 6,433
行方不明者数 3 3
負傷者数 40,092 43,792
家屋状況(全壊・半壊)
世帯者数
棟数

439,608
240,956

460,357
249,180
避難者数 約32万人
被害総額 9兆9,268億円(H7.4.5推計)

4.被害状況と復旧状況

神戸市中央区下山手通の被災状況


復旧した神戸市中央区下山手通


神戸市長田区御船通の被災状況


復旧した神戸市長田区御船通


神戸市中央区栄町通の被災状況


震災前の神戸市中央区栄町通